作品概要

魚、野菜、グジェール、ポット、水入れのある静物》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1769年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《魚、野菜、グジェール、ポット、水入れのある静物》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1769年に制作された油彩画である。J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

写実的な静物画

シャルダンの時代では、静物画は最も地位の低い分野の絵画の1つであった。風俗画と歴史画が芸術的能力の究極のデモンストレーションと見なされた一方で、他のものは単に「工芸品」として却下されていた。キャリアを通してモダンで写実的なスタイルを維持した破壊的な態度は、その後、シャルダンに多くの近代画家にとってのアイコンの地位を与えることとなった。

シンプルな場面の変形

シャルダンは、静物画において発揮したユニークなスタイルと完璧な技法により、批評家ドゥニ・ディドロに感銘を与えた。ディドロが本作で注目した部分を挙げると、繊細な色調、革新的な構成、そして鮮やかな筆使いにより、シンプルなキッチンの場面をシーンを変形させている。

構成及び描写

対象物の配置には余裕があり、ダイナミックである。たとえば2つのサバは、テーブルの上の食べ物の配列に対して垂直な、平らな背景の前に垂直にぶら下がっている。鮮やかな光が目に直接届き、輝く魚、緑の葉、根菜、チーズ、布のかけられたボウルへと鑑賞者の注意を向けさせる。

全体的な色調は落ち着いているが、油と酢の壺には豊かな色が溶けている。右下隅の署名と日付は、シャルダンが静物画に記した最後のものである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名魚、野菜、グジェール、ポット、水入れのある静物
  • 英語名Still Life with Fish, Vegetables, Gougères, Pots, and Cruets on a Table
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1769年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ68.6cm
  • 横幅58.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 魚、野菜、グジェール、ポット、水入れのある静物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。