作品概要

死んだ雉のある静物》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1728年から1728年で、カールスルーエ州立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《死んだ雉のある静物》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1728年に制作された油彩画である。カールスルーエ州立美術館に所蔵されている。

優れた静物画家

美術史上、感情的な反応を誘発するために、シャルダンのような複雑さや明るさを持つ無生物を描いた画家はほとんどいない。名声と成功への決して平たんとは言えない道のりをたどったシャルダンは、死の際には世間から忘れ去られていた。しかし後の再発見によって、すべての静物画家の中で最も賞賛される名声を確立した。

描写

果物と狩猟による獲物の静物画である本作の主なモチーフは、梨の籠とプラムの皿の間にぶら下がっている死んだ雉である。雉は、壁に打ち込まれた爪から吊り下げられ、プラムの皿の上に垂れ下がっている。一方の翼は身体の近くに折り畳まれ、もう一方の翼は垂れ下がって広がっている。

技法と影響

この作品は、慎重に組み立てられた構成と自由な筆使いを組み合わせたシャルダンの技法を良く表している。鳥の白い、茶色の斑紋のある羽は、目に見える筆跡やインパストで描かれ、薄暗い茶色の壁のくぼみに対して際立っている。シャルダンは、他の作品で桃、セロリの茎、ブラックベリー、イチジクのような静物を描く中で、生き生きとした筆遣いやインパスト、色調の明暗や目立つハイライトといった技法を使い分けた。17世紀のフランドルやオランダの静物画家に影響を受けたこの技法は、19世紀後半の画家たちの模範となった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名死んだ雉のある静物
  • 英語名Still Life with Dead Pheasant
  • 分類絵画
  • 制作年1728年 - 1728年
  • 製作国フランス
  • 所蔵カールスルーエ州立美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ92cm
  • 横幅74cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 死んだ雉のある静物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。