作品概要

アムステルダムの新旧教会のモチーフがある、プロテスタントのゴシック様式の教会の中》は、画家のエマニュエル・デ・ウィッテによって制作された作品。制作年は1660年から1680年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

アムステルダムの新旧教会のモチーフがある、プロテスタントのゴシック様式の教会の中。男が墓堀りと話をしている教会の通路の風景。開いた墓のところで、二匹の犬が遊んでいる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エマニュエル・デ・ウィッテ
  • 作品名アムステルダムの新旧教会のモチーフがある、プロテスタントのゴシック様式の教会の中
  • 英語名Interior of a Protestant Gothic Church with Motifs from the Oude and Nieuwe Kerk in Amsterdam
  • 分類絵画
  • 制作年1660年 - 1680年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ122cm
  • 横幅104cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アムステルダムの新旧教会のモチーフがある、プロテスタントのゴシック様式の教会の中の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。