作品概要

ピエレットの婚礼》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1905年から1905年で、三井住友信託銀行に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「ピエレットの婚礼」は青の時代の作品であり、1905年に制作された。青の時代では、親友カルロス・カサヘマス(Carlos Casagemas)の死による深い絶望感が作品の主題をなっている。

ピカソは、微妙に異なる青色の色調を使い分け、陰気な、重苦しい雰囲気を表現している。

1907年、ジョセフ・シュトランスキー(Josef Stránský)氏がピカソの友人である美術商より作品を譲り受けた。1945年から1962年までは、ピカソの息子であるパウロ・ピカソ(Paulo Picasso)が作品を所有していた。その後、1989年11月30日、当時の所有者であったスイス人投資銀行家のフレドリック・ルース(Fredrik Roos)氏がビノシェ・ゴドー(フランス・パリ)が開催するオークションに「ピエレットの婚礼」を出品した。不動産開発業者でオートポリスオーナーの鶴巻智徳氏であった。(オートポリス:大分県に建設されたサーキット場)鶴巻氏は5167万ドルにて落札したが、世界最高の落札価格といわれる。

鶴巻氏が経営する日本トライトラストの倒産後、作品の所有権は建設会社であるハザマに渡った。ハザマの経営不振により金融会社であるレイクに担保として預けられたが、レイクは「ピエレットの婚礼」を含めて500点の作品を約2億ドルにてGEキャピタルに譲り渡した。

現在、三井住友信託銀行が作品を所蔵しているといわれる。

基本情報・編集情報

  • 画家パブロ・ピカソ
  • 作品名ピエレットの婚礼
  • 制作年1905年-1905年
  • 製作国不明
  • 所蔵三井住友信託銀行
  • 種類油彩
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ピエレットの婚礼の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。