作品概要

フランコの夢と嘘》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1937年から1937年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「フランコの夢と嘘」は、1937年に制作された。ひと続きになった印刷用紙2枚の作品となっている。ピカソが初めて制作した政治的内容の作品であり、《ゲルニカ》などの作品に大きな影響を与えている。

漫画のような18コマ

1コマには画像と付随する散文詩の組み合わせで描かれ、漫画本のような並びで18コマにて構成される。(用紙1枚につき、画像と散文詩の組み合わせが9コマ)1937年1月8日に14コマの銅版画がエッチング(線の表現技法)、アクアチント(面の表面技法)を駆使して完成し、6月7日に4コマを追加した。

1937年6月に追加された画像4コマのうち3コマは、《ゲルニカ》の習作に直接的に関係する。スペイン共和政府の資金調達を目的に、個々の画像をポストカードとして印刷し、1937年世界博覧会のスペインのパビリオンで販売する予定であったが、実現されなかった。

作品では、スペインのフランシスコ・フランコ(Francisco Franco)将軍を風刺している。

ピカソは、1コマごとに、フランコ将軍を異なる容姿で描いている。多くの作家は、フランコ将軍を「高圧的なファルス(jackbooted phallus)」「悪性のポリープ(an evil-omened polyp)」「サツマイモのような頭の奇怪なホムンクルス(小人)(a grotesque homunculus with a head like a gesticulating and tuberous sweet potato)」と例えていたという。

基本情報・編集情報

  • 画家パブロ・ピカソ
  • 作品名フランコの夢と嘘
  • 制作年1937年-1937年
  • 製作国不明
  • 所蔵メトロポリタン美術館
  • 種類銅版画
  • 高さ31.7cm
  • 横幅42.2cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • フランコの夢と嘘の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。