作品概要

シュザンヌ・ブロックの肖像》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1904年から1904年で、サンパウロ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「シュザンヌ・ブロックの肖像 」は青の時代晩期の作品であり、1904年に制作された。

ペンとインクによるスケッチに、グワッシュ(水彩)画法(チョークなどの白色顔料と不透明水彩絵の具を使用して描く画法)を用いて、色彩を明るくした。作品のモデルは、ワグナー作の声楽家として有名なシュザンヌ・ブロックであり、ヴァイオリニストのヘンリー・ブロック(Henri Bloch)と姉妹である。ピカソとシュザンヌ・ブロックの出会いは、1904年、フランスの詩人であるマックス・ジャコブ(Max Jacob)の紹介による。

シュザンヌ・ブロックは、パリ・ラビナン通り13番の住居兼アトリエ「洗濯船」にて、晩夏から初冬にかけて作品のモデルをした。作品はシュザンヌ・ブロックが所有していたが、彼女の死後、相続人・継承者が譲り受けた。1916年、タンハウザー・ギャラリー(ドイツ・ミュンヘン)が作品をサリー・ファルク(Sally Falk)氏に売却した。

その後、作品は、スイスでの個人蔵を経て、1942年から1946年までは、 ナショナル・ギャラリー・オブ・アート(アメリカ・ワシントン州)にて保管された。現在は、 サンパウロ美術館(正式名:サンパウロ・アシス・シャトーブリアン美術館)が所蔵している。

基本情報・編集情報

  • 画家パブロ・ピカソ
  • 作品名シュザンヌ・ブロックの肖像
  • 制作年1904年-1904年
  • 製作国不明
  • 所蔵サンパウロ美術館
  • 種類油彩
  • 高さ65cm
  • 横幅54cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • シュザンヌ・ブロックの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。