作品概要

エッケ・ホモ》は、画家のピーデル・パウル・ルーベンスによって制作された作品。制作年は1800年から1857年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

エッケ・ホモはラテン語で「この人を見よ」を意味する。棘の冠を被ったキリストを人々に見せつけている情景を描いたもの。二人の男の間に立ち、半身で描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピーデル・パウル・ルーベンス
  • 作品名エッケ・ホモ
  • 英語名Ecce homo
  • 分類絵画
  • 制作年1800年 - 1857年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ125cm
  • 横幅95cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エッケ・ホモの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。

    おせり にコメントする コメントをキャンセル

    1. おせり

      制作年、間違いじゃない?
      ルーベンスって1577年に生まれてる人だから、1800年まで生きてたら魔法使い