作品概要

エッサイの樹》は、画家のヘールトヘン・トット・シント・ヤンスによって制作された作品。制作年は1500年から1500年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

エッサイの樹はキリストの家系を描いたもの。眠っているエッサイの体から木が生え、キリストの祖先である12人の王達など彼の子孫がその枝に座っている。12人の王はダビデ、ソロモン、レハブアム、アビヤ、アサ、ヨシャファト、ヨラム、ウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤ、マナセ。最上部にはキリストと聖母マリアの姿がある。エッサイの両側には預言者イサとエレミヤがおり、左側にはマグダラ教会の修道女が跪いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヘールトヘン・トット・シント・ヤンス
  • 作品名エッサイの樹
  • 英語名The Tree of Jesse
  • 分類絵画
  • 制作年1500年 - 1500年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ89.8cm
  • 横幅60.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エッサイの樹の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。