作品概要

聖なる親族》は、画家のヘールトヘン・トット・シント・ヤンスによって制作された作品。制作年は1495年から1495年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

中世の架空の教会に集ったキリストの親族。左には聖母マリアが座り、その膝にはイエスがいる。傍らには母である聖人アンナが座っている。彼らの後ろにはそれぞれの夫であるヨセフとヨアキムが立っている。右にはマリアの従姉妹の聖エリザベツとその子供である洗礼者ヨハネが座っている。その背後にはマリア・サロメとマリア・クロパがいる。祭壇の片隅にはアルフィオス、ゼベダイ、ザカリアスが立っている。祭壇では子供ながらに弟子であるシモン、ヤコブとヨハネが遊んでいる。ユダ・タダイは祭壇の後陣の蝋燭をともしている。祭壇上には燔祭しようとしているアブラハムと子の像が置かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヘールトヘン・トット・シント・ヤンス
  • 作品名聖なる親族
  • 英語名The Holy Kinship
  • 分類絵画
  • 制作年1495年 - 1495年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ137.2cm
  • 横幅105.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖なる親族の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。