作品概要

食前の祈り》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1744年から1744年で、エルミタージュ美術館などに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《食前の祈り》は、ジャン・シメオン・シャルダンによっていくつかのバージョンが制作された油彩画のタイトルである。食事の前に祈る中産階級のフランス人家族を描いている。

シャルダンは、18世紀のフランス美術において、家族、母親、家事といった主題の作品を初めて制作した画家である。

ルイ15世に献上した作品のうちのひとつ

シャルダンは1740年11月27日、財務長官フィリベール・オリーによってヴェルサイユ宮殿でルイ15世と謁見した。この作品は、このときシャルダンがルイ15世に献上した二つの作品のうちの一つである。メルキュール・ド・フランス誌は、王が「絵をとても好意的に受け取った。この2つの小さな作品は、昨年8月にルーヴル美術館のサロンで展示され、すでによく知られているものである。われわれは10月号にて《働き者の母親》と《食前の祈り》というタイトルでこれらの作品について言及した」と書いている。作品は現在、エルミタージュ美術館に所蔵されている。

描写

中心のテーブルでは、若い母親がスープをすくい、2人の娘に祈りの言葉を求めている。細心の注意を払って作られたこの絵は、家族の理想やお互いの思いやりの姿勢を描くことを目指している。シャルダンは幼い娘の暖かなイメージを作り、言葉の意味を完全に理解しない子供の感情を捉えている。

様々なバージョンのある作品

ルーヴル美術館は、1740年のパリのサロンで展示された異なるバージョンを所蔵している。この他のバージョンは、ロッテルダムのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館(小さな男の子が左側に追加されている)と、ストックホルムのスウェーデン国立美術館にも所蔵されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名食前の祈り
  • 英語名Saying Grace
  • 分類絵画
  • 制作年1744年 - 1744年
  • 製作国フランス
  • 所蔵エルミタージュ美術館など (ロシア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ50cm
  • 横幅38cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 食前の祈りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。