作品概要

カードのお城》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1736年から1737年で、ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

人気の頂点で描かれた作品

シャルダンの人気の頂点、および風俗画に取り組んだ時期の最高潮の時点で描かれたこの《カードのお城》は、カードのようなもっと遊び心のあるトピックで鑑賞者楽しませる一方で、落ち着いて洗練された主題を細部にわたって詳細に描く能力を実証している。

1741年のサロンで展示されたこの絵画のモデルは、成功した家具業者であり、画家の親友でもあったジャン・ジャック・ルノワールの息子であった。本作は、1730年代から1740年代にかけてルノワールが依頼した数多くの作品の一つであり、フランスのエリートの間でシャルダンの成功と人気が高まっていることを示している。

描写

フロックコートを着た若い少年がフェルトのテーブルに座っており、ピラミッドの段にトランプを確実に乗せるように集中している。シャルダンは、はかなく予測不能な人生の不安定さを表すカードの城を建てる若いモデルを数多く描いた。

遊びと絵画の共通性

三角帽子の折り目、引き出しの深さ、調和のとれたクリーム色のトーンへの注意深さは、シャルダンの細心の観察と、主題を扱う愛情の両方を明らかにしている。仕事に集中する少年は、画家自身が自分のキャンバスに対して働かせていたであろう完全な集中力と安定した手を反映しているようだ。少年の顔に見えるほとんど秘密の笑顔は、遊びと絵画の両方の楽しみを表し、作品の潜在的な暗い寓話に直面する皮肉(または少なくとも気楽さ)の感覚を示している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名カードのお城
  • 英語名The House of Cards
  • 分類絵画
  • 制作年1736年 - 1737年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ロンドン・ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ60cm
  • 横幅72cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • カードのお城の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。