作品概要

洗濯女》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1733年で、ストックホルム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

静物画から風俗画へ

本作《洗濯女》のような日常の場面は、シャルダンの後の家庭的な風俗画への傾向を示している典型的な例である。アカデミー会員となった後、シャルダンはレパートリーを広げ、当時成功するために不可欠な能力と考えられていた人間を描くようになった。このような風俗的な場面は、17世紀のオランダの風俗画が高く評価され、人気が急上昇していたため、静物画よりも収益性の高いものだった。

描写

穏やかな気分転換の瞬間、女性の赤い頬は光を捉え、手はリネンでいっぱいのたらいに沈んでいる。小さな男の子は、彼女の横にある低いスツールの上に座り、シャボン玉を吹いている。これは、人生の儚さを語る、古典的なヴァニタスのイメージである。

シャルダンの技法と、《赤エイ》(1726年)などの作品の成功に内在するような家庭的な視点は、ここでは人間の主体とその日常活動を取り入れるように広がっているが、本作は、少年のシャボン玉のきらめき、三毛猫の毛、わら敷きの床、女性のエプロンとボンネットのひだなどの質感や、光への関心を表している。シャルダンは、この謙虚な主題に、威厳のある感覚を与える視覚的豊かさを吹き込んでいる。

オランダ風俗画の影響

さらに、干し物綱のそばにいる2人目の女性によって完了する、リネンをきれいに洗うという女性の仕事は、シャルダンがこれらの家庭における礼節の感覚を伝えたかったことを示唆している。シャルダンは、孤独の中で家事に苦しむひとりの人物ではなく、地域社会の感覚と日常の不可欠な仕事に対する敬意を共有する流れ作業を描いている。

オランダの風俗画がシャルダンに及ぼす影響は、表現空間を拡大し、別の人物を入れ、オランダの「戸口越しの眺め」という技法を活用するという構造戦略を通じて明らかとなっている。このような装置の使用は、キャリアにおける重要な時点で才能を実証しようとするシャルダンの熱意を語っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名洗濯女
  • 英語名The Washerwoman
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1733年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ストックホルム国立美術館 (スウェーデン)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ37cm
  • 横幅42.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 洗濯女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。