作品概要

赤エイ》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1725年から1725年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《赤エイ》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1726年に制作された油彩画である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

シャルダン最初の傑作

後の作品《ビュッフェ》(1728年)とともに提出された本作《赤エイ》は、シャルダンの最初の傑作として知られている。この作品によって、シャルダンは王立絵画彫刻アカデミー正会員の地位を得ることとなった。画家としての彼の能力と、名を馳せた静物画の表現力の両方を大胆に宣言したこの作品は、静物画が地位の低いものとみなされていた当時においても、幻想的で衝撃的なものだった。

描写

中心には、はらわたを取られた赤エイが吊り下げられ、その傷と半透明の肉が、内部の解剖学的構造を明らかにしている。批評家のドゥニ・ディドロは、シャルダンが描いた写実的な赤エイに衝撃を受け、その「恐ろしい顔」が人間の表情にどれだけ似ているかについて記述している。「それは魚のまさに肉、皮、血そのものだ!」

赤エイの前に置かれた魚の死体の左側には、小さな猫が描かれている。猫は背中を丸め、散在するカキの甲殻を軽く踏み、毛を逆立てている。

他の画家への影響

シャルダンの初期の静物画として、本作は最も賞賛された作品の1つとして残っている。これは、場面を準抽象的な幾何学的平面に変換するアンリ・マティスや、幾分血なまぐさい狩猟静物画に深い関心を持っていたシャイム・スーティンなどの画家によって模倣された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名赤エイ
  • 英語名The Ray
  • 分類絵画
  • 制作年1725年 - 1725年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ114.5cm
  • 横幅146cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 赤エイの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。