作品概要

陽射し》は、画家のヤーコプ・ファン・ロイスダールによって制作された作品。制作年は1660年から1669年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《陽射し》はヤーコプ・ファン・ロイスダールによって1660年代に制作された油彩画である。この作品はパリのルーヴル美術館に所蔵されている。

作品

広々とした丘陵地帯が画面の下3分の1に描かれている。左奥から右手前に流れるゆったりとした川と、右奥から左手前に続く道が、画面やや右の橋で交差する。奥の丘の上にはオランダ、ハールレム近郊のブレデロード城の姿がある。その右には風車も描かれている。これらは実際にある風景ではなく、ロイスダールが各地を見て回って得た様々なインスピレーションを組み合わせ、理想的な風景に仕上げたものである。

画面の上3分の2を占めるのは、広い空と湧きあがる雲である。左前景には馬に乗る人物がいて、そこに物乞いが施しを求めて近づいてくる。また、川には水浴する人々がいて、これらの人物はしばしばロイスダールではなくウーウェルマンの手に帰されることもある。

レンブラントの影響

この作品はしばしば、レンブラントの強い影響下にあると評される。オランダ絵画の巨匠レンブラントはロイスダールより約20歳年上で、この絵画の制作当時は晩年に当たり、妻の他界や借財など様々な不幸に見舞われてはいたが、名声は依然として高かった。レンブラントの風景画は、対角線構図を利用し、光の効果に優れたドラマチックなもので、自然の脅威や崇高さを表しているものが多い。

ロイスダールはこの巨匠の様式、特に同じくルーヴル美術館に所蔵される《城のある風景》を参考にして制作したようだ。それは、中央やや左に雲間から差し込む陽射しのきらめくような効果によく現れている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤーコプ・ファン・ロイスダール
  • 作品名陽射し
  • 英語名The Ray of Sunlight
  • 分類絵画
  • 制作年1660年 - 1669年
  • 製作国オランダ
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩画
  • 高さ83cm
  • 横幅99cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 陽射しの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。