作品概要

ビロードのベレー帽を被ったヘンドリッキエ・ストッフェルス》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1654年から1654年で、ルーブル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

毛皮を身にまとい、宝石を身に付けて美しく着飾った若い女性が描かれている、この女性は妻亡き後、レンブラントを生涯にわたって支えた内縁の妻、ヘンドリッキエ・ストッフェルドホテル・ヤーヘルをモデルに描いた作品である。

レンブラントは1633年に、当時間借りしていた家の親戚であったサスキアと結婚し、4児をもうける。しかし不幸なことに、そのうち成人まで生きたのは息子ティトゥスの1人だけであった。さらにサスキアは結核をわずらってしまい、病気の妻とまだ幼い息子の世話を頼むために、レンブラントは北部出身で農家の未亡人であったヘールトヘ(ヘールチェ)・ディルクスを乳母として雇い、のちに彼女と愛人関係になっていく。

しかしヘールトヘは強欲な女性であり、レンブラントの絵のモデルも全く務めなかった。そうしてレンブラントは1649年(1647年ともいわれる)に若いヘンドリッキエ・ストッフェルドホテル・ヤーヘルを雇い、のちに彼女を愛人として囲うようになる。それによってヘールトヘの立場は悪化して、怒った彼女はレンブラントからもらった宝石を証拠に自分とレンブラントは婚姻関係であるとして、レンブラントを告訴する。

それに敗訴したレンブラントは、ヘールトヘに毎年200ギルダーの手当てを渡す命令が下された。これはレンブラントに相当な精神的負担を与えようで、告訴された年にはレンブラントは1枚も作品を残していない。そのようなヘールトヘと違いヘンドリッキエは彼を献身的に支えて生涯共にした。サスキアの遺言により2人は結婚はしなかったが、不義の嫌疑をかけられても2人は動じなかったという。

基本情報・編集情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名ビロードのベレー帽を被ったヘンドリッキエ・ストッフェルス
  • 制作年1654年-1654年
  • 製作国不明
  • 所蔵ルーブル美術館
  • 種類油彩
  • 高さ74cm
  • 横幅61cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ビロードのベレー帽を被ったヘンドリッキエ・ストッフェルスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。