作品概要

窓辺の少女》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1645年から1645年で、ダリッジ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

こちらも、レンブラント転換期における作品である。レンブラントの特徴である光と影の明暗が非常に顕著に見られる作品の一つである。

こちらの作品は1690年代にルーベンスのデューラーでもあったロジェ・ド・ピールが購入して、自身の書斎に飾った。それを見た者が、現実の窓辺に少女が居ると騙されたという逸話によって伝統的に≪窓辺にひじをつく少女≫の像として認識されるようになった。この頃は妻の死、子供達の死、注文の減少などレンブラントを不幸が襲い始めた時期であった。病気の妻と唯一残された子供のティトゥスの世話をするためにレンブラントは乳母を雇った。北部出身で農家の未亡人ヘールトヘ・ディルクスという女性であったが、レンブラントはヘールトヘとのちに愛人関係になってしまう。

さらに彼は1649年頃(1647年頃とも言われる)に、ヘンドリッキエ・ストッフェルドホテル・ヤーヘルとい若い家政婦を雇い、愛人として囲うようになる。これによって立場が悪化してしまい怒ったヘールトヘは、1649年にレンブラントから送られた宝石を根拠に婚姻関係であること、その関係の不履行を裁判所に申し立てて、レンブラントを告訴する。これによってレンブラントはヘールトへに毎年200ギルダーの手当てを渡す命令が下された。

この頃レンブラントは創作活動もおろそかになっており、告訴された年には作品を1点も製作していない。一方ヘンドリッキエ・ストッフェルドホテル・ヤーヘルはレンブラントを献身的に支え、彼女を描いた作品も残っている。

基本情報・編集情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名窓辺の少女
  • 制作年1645年-1645年
  • 製作国不明
  • 所蔵ダリッジ美術館
  • 種類油彩
  • 高さ77.5cm
  • 横幅62.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 窓辺の少女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。