作品概要

家の前でニシンの内蔵を取り除いている女性》は、画家のアドリアーン・ファン・オスターデによって制作された作品。制作年は1650年から1700年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

家で食べるニシンをきれいにしている女性。家の前に腰掛け魚をきれいにしている年老いた女性が杖をついた男性と話をしている。左手には何羽か鶏がいる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アドリアーン・ファン・オスターデ
  • 作品名家の前でニシンの内蔵を取り除いている女性
  • 英語名A woman gutting herring in front of her house
  • 分類絵画
  • 制作年1650年 - 1700年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ40cm
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 家の前でニシンの内蔵を取り除いている女性の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。