作品概要

キリスト昇架》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1634年から1634年で、アルテ・ピナコテークに所蔵されている。

詳細な画像を見る

名声を得始めたレンブラントが、それまで活動拠点を置いていた故郷のライデンを離れてアムステルダムへ移った頃の作品である。この作品によりレンブラントは名声を確立した。

この作品は当時のデン・ハーグ(オランダの都市名)の有力者フレデリク・ヘンデリク総督の注文により制作された連作≪キリストの受難伝≫の中で、『十字架降下』と共に最初に手がけられた作品のひとつである。レンブラントはこのような、聖書や神話などに由来する主題をテーマとする物語画を終生の課題とした。この作品もその一つである。この作品では、受難者イエス・キリストが有罪となりゴルゴダの丘に自ら十字架を背負って運ばされ、磔の刑にされてローマ兵士らによって樹立される場面を描いたものである。周りには暗闇を描き、キリストを中心とする人物に強い光を当てて強調することでキリストの受難を強く物語る作品となっている。

作品の中にはキリストの十字架を支えるベレー帽を被った男が描かれているが、この人物はレンブラント本人との説が有力である。画家本人も含めて、キリストは人類全員の罪を背負っているという宗教的な意味合いがある。またその男の隣には、もう一人強い光が当たって目立っている男がいる。この男は馬に乗っているが、どのような人物なのか、何を意図してここに描かれたのかなどは明確に分かっていない。

なお本作と『十字架降下』を描いた後、レンブラントは連作画の残りの三作品である『キリストの埋葬』、『キリストの復活』、『キリストの昇天』をフレデリク・ヘンデリク総督から受注して製作した。その際に秘書官ハイヘンスとの間で交わした書簡が現在7通現存している。

基本情報・編集情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名キリスト昇架
  • 制作年1634年-1634年
  • 製作国不明
  • 所蔵アルテ・ピナコテーク
  • 種類油彩
  • 高さ96.2cm
  • 横幅77.2cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • キリスト昇架の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。