作品概要

賢者の対話(聖ペテロと聖パウロの会話)》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1628年から1628年で、ヴィクトリア国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

レンブラントの初期の代表作のひとつである。本作においては、鮮やかな色調や強い光彩による明暗対比がより際立っており、レンブラント作品の特徴が色濃く出ている作品となっている。

本作よりも以前に制作された作品(トレビとアンナなど)と比べて、ますますレンブラントの個性が際立っているのが分かる。レンブラントの良き後援者であり自らも画家として活躍した、教会の参事会員ジャック・デ・ヘイン三世の財産目録に「二人の老人が座って議論し、一人は膝の上に本を広げ、そこに陽光が射し込んでいる」という記録が残されているが、おそらくこの作品のことだろうと考えられている。

本作はクリスティアン・テュンペルの指摘によって、新約聖書の書簡≪ガラテヤの信徒への手紙≫に登場する≪聖ペテロと聖パウロの会話≫と解釈されている。本作の特徴として聖人の特徴を極力描かず、代わりにそれぞれの人物の行動や表情を通じた感情表現の豊かさに重きを置いている。本の一節を指差し、聖ペテロに意見する聖パウロ。2人は対立していたとの話もあるが、その場面を描いたものであろうか。

ちなみに聖ペテロは1世紀頃の人物であり、元々貧しい漁師の息子であった。貧しいながらも信心深く漁師として働いていた時に、イエスと出会い弟子となる。初めは名前をシモンと言ったが、イエスより「岩」を意味する「ペテロ」を名を付けられる。皇帝ネロのキリスト教迫害が激しくなると、信者のすすめによりローマ脱出を図ろうとする、しかしその途中で十字架にかけられる途中のイエスに出会い、自らも考えを改めて殉教したという。

《賢者の対話(聖ペテロと聖パウロの会話)》の基本情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名賢者の対話(聖ペテロと聖パウロの会話)
  • 制作年1628年-1628年
  • 製作国不明
  • 所蔵ヴィクトリア国立美術館
  • 種類油彩
  • 高さ72.5cm
  • 横幅60cm
  • 編集情報

  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 賢者の対話(聖ペテロと聖パウロの会話)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。