作品概要

磔刑のキリスト、聖母マリア、聖ヨセフ、マグダラのマリアと聖セシリア、聖バルバラ(左)、聖ペテロ、聖フランシス、そして聖ジェローム(右)》は、画家のコーネリス・エンゲルブレシェッツによって制作された作品。制作年は1505年から1510年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

十字架にかけられたキリスト。十字架の左手に聖ヨセフと聖母マリアが支え合い、マグダラのマリアは十字架の下で跪いている。画面左側には、聖セシリアと聖バルバラがいる。右側には聖ペテロ、聖フランシスそして聖ジェロームがいる。スヘルトーヘンボスのマリエンウォーター修道院から始まりコールドウォーターへと考案されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家コーネリス・エンゲルブレシェッツ
  • 作品名磔刑のキリスト、聖母マリア、聖ヨセフ、マグダラのマリアと聖セシリア、聖バルバラ(左)、聖ペテロ、聖フランシス、そして聖ジェローム(右)
  • 英語名Christ on the Cross, with Mary, John, Mary Magdalene and Sts Cecilia and Barbara (left) and Peter, Francis and Jerome (right)
  • 分類絵画
  • 制作年1505年 - 1510年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ24.3cm
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 磔刑のキリスト、聖母マリア、聖ヨセフ、マグダラのマリアと聖セシリア、聖バルバラ(左)、聖ペテロ、聖フランシス、そして聖ジェローム(右)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。