作品概要

受難》は、画家のルカ・ディ・トムによって制作された作品。制作年は1365年から1365年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

キリストの受難。ギリシャ建築によく見られる柱廊の中で、右と左の兵士と鞭を持った死刑執行人によってキリストは柱に縛り付けられている。 その時代に描かれた多くの小さな絵画のように、もとは大きな祭壇飾りを基にした祭壇上の飾台のパネル画のシリーズからできている。そのようなパネル画の多くは、何人かの聖人に付き添われた聖母子像を示した。中心となる祭壇飾りそれ自体は、いつもかなり因習的であったが、しかしながら時には、アーティストは祭壇上の燭台の場面の選択や扱いにおいて、もっと自由であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ルカ・ディ・トム
  • 作品名受難
  • 英語名The Flagellation
  • 分類絵画
  • 制作年1365年 - 1365年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類テンペラ、板
  • 高さ39cm
  • 横幅30cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 受難の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。