作品概要

女預言者アンナ》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1631年から1631年で、アムステルダム国立美術館(オランダ)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

保存状態は必ずしも良くはないが、レンブラントの直筆のサインを持つ彼の真作に間違いない。描かれているのはおそらくキリスト教の聖書上の人物である女預言者アンナであろう。

ルカの福音書によると彼女は昼も夜も断食と祈りとをもって神に仕えたという未亡人で、ヨセフとマリアが幼子キリストを抱いて神殿に入っていった時に一目でキリストを救世主と認めた。人物はほぼ全身が収まり、斜め右に向いてやや前傾姿勢で座っている。光は上部左から差し込み、鮮やかな光の輝きが本と彼女の手を照らし込んでいる。手は特に丹念に厚く描きこまれており、その皺はまるで粘土で彫刻したかのようだ。

彼女の顔は影の中に描かれているが、本が照らし返した光を受けて仄かに浮かび上がっている。本に書かれているのはヘブライ文字である。レンブラントは老女が勤勉に聖書に読みふける様子を捉えている。

老女のモデルは、この絵が描かれた当時60歳であったレンブラントの実母ネールチェン・ヴィレムスドホテル・ファン・ザウトブルーグだとするのが一般的であるが、実はその推測を支持する特別な理由は存在しない。とはいえ、例えばヘラルト・ドウの『聖句集を読む老婦人』に見られるように、レンブラントや彼の弟子たちはしばしばレンブラントの母と思しき老いた女性を描いていたのである。

基本情報・編集情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名女預言者アンナ
  • 制作年1631年-1631年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館(オランダ)
  • 種類油絵
  • 高さ59.8cm
  • 横幅47.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 女預言者アンナの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。