作品概要

おそらくレンブラントの父、ハーマン・ゲリッツ・ヴァン・リーンと思われる、ある男の肖像》は、画家のレンブラント・ヴァン・リーンによって制作された作品。制作年は1730年から1774年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

おそらくレンブラントの父、ハーマン・ゲリッツ・ヴァン・リーンと思われる、禿げた老人の肖像画。左向きの上半身画で、毛皮の襟がついたジャケットを着ている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家レンブラント・ヴァン・リーン
  • 作品名おそらくレンブラントの父、ハーマン・ゲリッツ・ヴァン・リーンと思われる、ある男の肖像
  • 英語名Portrait of a man, perhaps Rembrandt's father, Harmen Gerritsz van Rijn
  • 分類絵画
  • 制作年1730年 - 1774年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ18.3cm
  • 横幅14.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • おそらくレンブラントの父、ハーマン・ゲリッツ・ヴァン・リーンと思われる、ある男の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。