作品概要

神殿から両替人を追放するキリスト》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1624年から1624年で、プーシキン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この作品は新約聖書中の、イエス・キリストが礼拝所で商売をする行商人たちに憤り、彼らをことごとく追い出したエピソードに題材を得ている。

レンブラントはこの作品以外では見られないような切迫したキリストの、頬を赤くし激怒しながら鞭を振り上げる感情的な姿を描いた。鞭は振り上げた勢いでぶれており、今にも振り落とされようというスピード感に満ちている。

手前では老人が慌てふためいて逃げようとし、両替人は鞭から顔を守ろうとし、または小銭をかき集める者、驚く者など一瞬の空間が生き生きと捉えられている。オーストラリアのビクトリア国立美術館にレンブラントによる同じ主題の秀逸なエッチング作品が残されているが、当絵画はエッチングの10年ほど前に描かれたもので、事件の同じ瞬間を捉えたクローズ・アップバージョンともいうべき作品となっている。

キリストの熱意は彼自身を消耗させるが、この熱意はまた制御のできない暴力となる。この作品に描かれた出来事は、キリスト教が歴史上でしばしば行ってきた支配的な方法を示しているのかもしれない。

基本情報・編集情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名神殿から両替人を追放するキリスト
  • 制作年1624年-1624年
  • 製作国不明
  • 所蔵プーシキン美術館
  • 種類油絵
  • 高さ43.1cm
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 神殿から両替人を追放するキリストの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。