作品概要

マルブルグで病気気味の聖エリザベス、聖エリザベスの死、ドルトレヒトの大聖堂のために作られた祭壇画の内側右の絵》は、画家の聖エリザベスのパネルを描いた画家によって制作された作品。制作年は1490年から1495年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ハンガリーの聖エリザベス(1207-31)の人生からの場面。左の背景では、ルイが彼の兄を信じて聖エリザベスの地を託している。左の前方では、1227年のルイの死後ヴァルトブルグから失踪したエリザベスが、マルブルグに設立された病院で負傷した男を受けている。彼女のそばには、病気の看護師がいる。右では、マスターコンラッドと祈っている修道女によって支えられている、臨終したエリザベスが。二人の天使が、彼女の魂を天へと運ぶ。上では、二人のフランシスコ教会の僧によって彼女が埋められている。祭壇画の内側二つのパネルのうちの右のパネルで、両側にはハンガリーの聖エリザベス(1207-31)の人生の場面と、1421年11月18日、19日の聖エリザベスの洪水の絵(SK-A-3145/46とSK-A-3147A/B)が描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家聖エリザベスのパネルを描いた画家
  • 作品名マルブルグで病気気味の聖エリザベス、聖エリザベスの死、ドルトレヒトの大聖堂のために作られた祭壇画の内側右の絵
  • 英語名Saint Elizabeth of Hungary Tending the Sick in Marburg, Death of St Elizabeth, inner right wing of an altarpiece made for the Grote Kerk in Dordrecht
  • 分類絵画
  • 制作年1490年 - 1495年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ127.5cm
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • マルブルグで病気気味の聖エリザベス、聖エリザベスの死、ドルトレヒトの大聖堂のために作られた祭壇画の内側右の絵の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。