作品概要

お前は私を》は、画家のマルセル・デュシャンによって制作された作品。制作年は1918年から1918年で、イエール大学美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《お前は私を》は、フランス生まれの美術家であり、20世紀の最も影響力のある芸術家でもあるマルセル・デュシャン(1887-1968)が1918年に制作したオブジェ作品である。

レディ・メイド作品を影に

アーティストであり、コレクターであり、教育者でもあるキャサリン・ドライヤーから以来された。書斎の本棚の上にかけるための作品だったため、作品の形状が通常ではない横長で、帯状装飾のようになっている。1918年に完成すると、本作はデュシャンがカンバスに描いたさいごの油彩画で、アーティストとしての興味・関心が集約されている。

画面を左から右へ順に追っていくと、《自転車の車輪》、《コルクの栓抜き》、《帽子掛け》の影が描かれている。この影は実際にカンバスにレディ・メイドの影をうつし、そのとおりに鉛筆でなぞったものだ。また、だまし絵画法的に下部中央に作品を指さす手を描いたりしている。

それとは対照的に、瓶洗浄ブラシ、ねじくぎ、安全ピンといった現実的なものが描かれている。デュシャンは、影、イミテーション、実際の物という現実を受け入れるのに、本作で異なる手法を一度に用いている。

タイトルに秘められた意味

タイトルは作品に対して皮肉った調子がうかがえる。フランス語で「お前は私を悩ませる」とか「お前は私を退屈させる」といった意味がこめられている。

本作は1913年の《チョコレート摩砕器No.2》から5年ぶりに描いた油彩画であった。本作は1度捨てた油絵をキャサリン・ドライヤーの依頼によって、ふたたび描かされていることになる。タイトルのお前は油絵やキャサリン、私はデュシャン自身と一般的には解釈されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家マルセル・デュシャン
  • 作品名お前は私を
  • 英語名Tu m’
  • 分類絵画
  • 制作年1918年 - 1918年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵イエール大学美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ69.8cm
  • 横幅303cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • お前は私をの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。