作品概要

皇帝カール五世の使者を迎えるピエトロ・アレティーノ》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1848年から1848年で、リヨン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《皇帝カール五世の使者を迎えるピエトロ・アレティーノ》は、フランスの新古典主義の画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルにより1848年に制作された油彩画である。リヨン美術館に所蔵されている。

主題の物語

この小さな絵は、ピエトロ・アレティーノ(1492-1556)の人生における疑いのない伝説的な出来事を描いている。ヴェネツィアに住んでいたこの有名なルネサンスの作家が書く辛らつな文章は、彼の時代の王や支配者たちによって恐れられていた。

本作は神聖ローマ帝国の皇帝カール五世が、戦で敗北した後、アレティーノにこのことについて書かないように金の鎖を送ったという物語を描いている。アレティーノはひじかけ椅子にだらしなく座り、これを軽蔑のまなざしで見ている。彼の態度に憤慨している特使に対する彼の唯一の返答――「このような大失態にしては非常にみすぼらしい贈り物だ」――は、特使の手を剣の柄に移動させている。

描写

この主題を選ぶことによって、アングルは権力者に直面した際の創造的な芸術家の独立性を訴えた。彼はまた、過去の画家や作家の生活を描く逸話的な絵が19世紀前半に大きな成功を収めていたことを実証した。彼は絵画の歴史を喚起するための構図、設定を用い、左の背景ではアレティーノが賞賛していた画家であるティツィアーノの自画像を描いている。反対側では、2人の裸の若い女性がベッドカーテンの1つを引きながら現場をのぞき見ている。これは、アレティーノの放蕩生活を示している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名皇帝カール五世の使者を迎えるピエトロ・アレティーノ
  • 英語名Aretino and the Envoy of Charles V
  • 分類絵画
  • 制作年1848年 - 1848年
  • 製作国フランス
  • 所蔵リヨン美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ41.5cm
  • 横幅32.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 皇帝カール五世の使者を迎えるピエトロ・アレティーノの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。