作品概要

アンティオコスとストラトニケ》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1838?年から1840年で、コンデ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アンティオコスとストラトニケ》は、フランスの新古典主義の画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルにより1840年に制作された油彩画である。コンデ美術館に所蔵されている。

制作の背景

1834年、オルレアン公フェルディナン・フィリップは、ポール・ドラローシュの《ギーズ公の暗殺》(1834年、コンデ美術館蔵)の対画として本作をアングルに依頼した。同年、アングルはフランスアカデミーの院長となるため、ローマに旅立った。このことが作品制作を遅らせ、アングルは1838年頃にスケッチを開始した。

エグレ・シャルルモン嬢によれば、ストラトニケのモデルは彼女であり、医者はアングルの妻、アンティオコスの腕はイポリット・フランドラン、セレウコス1世はアングル自身がモデルとなった。この作品は、1840年にローマでアシスタントの力を借りて完成した。

主題

描かれている場面は、プルタルコスのデメトリオス1世の生涯に書かれたものであり、また、シケリアのディオドロス、ワレリウス・マキシムスなどの歴史家や作家にも紹介されているものである。

アンティオコスは、セレウコス1世ニカトールの息子であった。彼は父親の新しい妻、ストラトニケに恋をしてしまうが、これを秘密にし、恋による病のために臥せっていた。医師エラシストラトスは、ストラトニケが部屋に入ってきたとき、アンティオコスが激しく動揺し心拍が早くなったので、病気の原因が彼女であることを言い当てた。アンティオコスの父、セレウコス1世は、ベッドのそばで倒れている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名アンティオコスとストラトニケ
  • 英語名Stratonice and Antiochus
  • 分類絵画
  • 制作年1838?年 - 1840年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵コンデ美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ77cm
  • 横幅61cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アンティオコスとストラトニケの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。