作品概要

カロリーヌ・リヴィエール嬢》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1806年から1806年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《カロリーヌ・リヴィエール嬢》は、フランスの新古典主義の画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルにより1806年に制作された油彩画である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

画家初期の肖像画

この作品は、ナポレオン帝国の廷臣であったフィルベール・リヴィエール氏の家族を描いた肖像画のうちのひとつである。リヴィエール氏の妻、娘の肖像画も同時に依頼された。この夫婦には、描かれてなかった息子、ポールもいた。アングルに依頼された最初の肖像画と言えるこの3つの作品は、アングルが23歳の時に完成した。彼らはそれぞれ色調やアプローチが非常に異なっているが、芸術的観点からは非常に成功し、彼の初期作品の中では傑作とみなされている。

若くして亡くなった娘の肖像

これはリヴィエール氏の若い娘、カロリーヌ・リヴィエール嬢の肖像画である。家族はパリ郊外、サン=ジェルマン=アン=レーに住んでいた。アングルは彼女を「とても美しい娘」と表現している。彼女はアングルが本作を完成させた後まもなく、13歳で死去した。

彼女の美しさと純粋さは、白いドレスと毛皮、特にアングルが好んだ白によって高められているが、当時の人々はあまりにも寒々しい光が作品内に広がっていたため、それを理解できなかった。母親であるリヴィエール夫人の肖像画も、同様に白すぎるとみなされた。さまざまな布や色のインパスト(厚塗り)やクローズアップなどの革新も、認められることはなかった。”

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名カロリーヌ・リヴィエール嬢
  • 英語名Mademoiselle Rivière
  • 分類絵画
  • 制作年1806年 - 1806年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ100cm
  • 横幅70cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • カロリーヌ・リヴィエール嬢の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。