作品概要

フィルベール・リヴィエール氏の肖像》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1805年から1805年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フィルベール・リヴィエール氏の肖像》は、フランスの新古典主義の画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルにより1804年に制作された油彩画である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

画家初期の肖像画

この作品は、ナポレオン帝国の廷臣であったフィルベール・リヴィエール氏の肖像画である。妻と娘の肖像画も同時に依頼され、描かれた。この夫婦には、描かれてなかった息子、ポールもいた。アングルに依頼された最初の肖像画と言えるこの3つの作品は、アングルが23歳の時に完成した。彼らはそれぞれ色調やアプローチが非常に異なっているが、芸術的観点からは非常に成功し、彼の初期作品の中では傑作とみなされている。

描写

リヴィエール家の人々を描いたアングルの肖像画のうち、リヴィエール氏のこの肖像画は、師匠であるヴィッドの教えを最もよく反映したものとなっているようである。モデルの社会的役割と知的な美徳を示す自然な姿勢は、ダヴィッドの《アントワーヌ・ラヴォアジエと妻の肖像》や《ピエール・セリジアの肖像》などの作品と関連している。彼の手はナポレオンを連想させる姿勢で、ベストの中に押し込まれている。

色彩のコントラストとハイライトはアングルの特徴であり、当時、同時代人たちの間で批判以上の驚きを引き起こした新しさであった。机に置かれた紙の中には、ラファエロの《小椅子の聖母》の小さな版画が見える。アングルはラファエロの作品を研究し、彼の作品を主な引用先として選択していた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名フィルベール・リヴィエール氏の肖像
  • 英語名Portrait of M. Philibert Rivière
  • 分類絵画
  • 制作年1805年 - 1805年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ116.8cm
  • 横幅116.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フィルベール・リヴィエール氏の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。