作品概要

24歳の自画像》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1804年から1804年で、コンデ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《24歳の自画像》は、フランスの新古典主義の画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルにより1804年に制作された油彩画である。フランスのシャンティイにあるコンデ美術館に所蔵されている。

新古典主義の画家

ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルはフランスの新古典主義の画家である。アングルは過去の芸術的な伝統に深く影響され、ロマン主義に対するアカデミーの正統性の保護者になることを目指した。実際には、彼の作品は新古典主義とロマン主義のハイブリッドとしてよく理解されている。アングルが伝統的な絵画や古典主義の擁護者として広く受け入れられるようになった結果、彼はより劇的なロマン主義画家であるウジェーヌ・ドラクロワの引き立て役としてもみなされた。

彼は自身をニコラ・プッサンとジャック・ルイ・ダヴィッドの伝統を受け継いだ歴史画家と考えていたが、数多くの肖像画は彼の最大の遺産となっている。彼の表現力に富んだ形と空間のゆがみは、ピカソ、マティスなどのモダニズムに影響を与え、現代美術の重要な先駆けとなった。

若き画家の自画像

この自画像を描いたとき、アングルはトスカーナの彫刻家、ロレンツェ・バルトリーニと共にパリのカプチン会の修道院であった部屋に住んでいた。この作品は、二年後に制作された彼の友人の肖像画の対画となっていた。これは、ヴァイオリンを弾くことと、フラックスマンのホメロス作品の挿絵が共に好きだった2人の芸術家の間の深い友情のしるしとなった。この作品は、アングルが何年にもわたって経験した変化の結果であり、現在においても作品の質は際立っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名24歳の自画像
  • 英語名Self-portrait at the Age of 24
  • 分類絵画
  • 制作年1804年 - 1804年
  • 製作国フランス
  • 所蔵コンデ美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ77cm
  • 横幅61cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 24歳の自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。