作品概要

モワテシエ夫人》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1851年から1851年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《モワテシエ夫人》は、フランスの新古典主義の画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルにより1851年に制作された油彩画である。ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

新古典主義の美学

ダヴィッドの弟子であるジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルは、その輝かしいキャリアを通じ、師匠の新古典主義の美学を広めた。アングルは、色ではなく線の優先、古代彫刻の研究、形を定義する表現的な線の使用などを取り入れた。

描写

裕福な政府関係者の娘で、レース商人の妻であったモワテシエ夫人は、マゼンタのダマスク柄の背景の前に描かれている。彼女は黒いベルベットのイブニングドレスを着て、黒いレースのショール、白いレースバンドを着用している。黒いドレスと彼女の肌は、輝く宝石を相殺している。表面は美しく仕上げられており、筆の跡はほとんど見えない。

理想的な美

アングルはモワテシエ夫人の顔を単純化し、グレコ・ローマンの理想を想起させた。彼女の髪型とバラの装飾は、彼女の顔の完全な楕円形と、その容貌が対称であるという事実をさらに強めている。モデルの体はかなり平坦であり、像と背景の関係が、線と形の間の動きであることを強調している。アングルは、女性の曲線的な可能性を利用することで、モワテシエ夫人を理想的な美の偉大なビジョンへと変換させた。

アングルはモワテシエ夫人をモデルにして、1856年にも《座るモワテシエ夫人》を制作している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名モワテシエ夫人
  • 英語名Madame Moitessier
  • 分類絵画
  • 制作年1851年 - 1851年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ147cm
  • 横幅100cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • モワテシエ夫人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。