作品概要

リヴィエール夫人の肖像》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1806年から1806年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《リヴィエール夫人の肖像》は、フランスの新古典主義の画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルにより1806年に制作された油彩画である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

解剖学的不一致

アングルは楕円形のフレームを選び、女性の曲線の柔かさと滑らかさを強調した。本作は、胸の位置が高すぎるなど、解剖学的不一致を起こしていると非難された。これは、アングルが女性の身体の「間違った」イメージにより批判された唯一のケースではない。《グランド・オダリスク》(1814年、ルーヴル美術館蔵)では、背骨が余計にあると非難された。

骨がないような手についても非難された。リヴィエール夫人の指は柔らかく、骨がないように見える。同様に、《ユピテルとテティス》(1811年、グラネ美術館蔵)に関しての、テティスの手が明らかに私たちが見慣れているものとは異なるという非難は、妥当なものといえる。

描写

あまりにも高い位置に置かれた胸は、右上から左下に向かって湾曲した肘、胸元の上に柔らかい波を残すドレスの下に覆われている。対照的に、重い絹のスカーフはリズミカルな動きを作り出している。その端は左の肘から落ちて、右腕を包み、彼女の体をつたって下へと滑り落ちている。上端では軽いケープが左後ろに流され、髪のカールが右に垂れている。柔らかさ、優しさ、隠された官能性が、この《リヴィエール夫人の肖像》の雰囲気を作り出している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名リヴィエール夫人の肖像
  • 英語名Portrait of Madame Riviere
  • 分類絵画
  • 制作年1806年 - 1806年
  • 製作国不明
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ116cm
  • 横幅81cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • リヴィエール夫人の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。