作品概要

ティントレットのアトリエにいるピエトロ・アレティーノ》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1848年から1848年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ティントレットのアトリエにいるピエトロ・アレティーノ》は、フランスの画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルにより1848年に制作された油彩画である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

ルネサンス期の有名人

この小さな油彩画は、16世紀のヴェネツィアの2人の文化人、画家のティントレットと、文学評論家のピエトロ・アレティーノとの交流を描いている。ティントレットはルネサンス期のイタリアの画家であり、ピエトロ・アレティーノは作家、詩人として活動していたが、自著内で著名人を大げさに褒めたり攻撃したりすることで有名であった。

描かれているエピソード

事実であるのか創作であるのかは不明ではあるが、このエピソードはもともとカルロ・リドルフィによる「ティントレットの生涯」(1642年)に記録されたものである。

アングルは、ティントレットが肖像画のモデルにするためにアトリエに招待していたアレティーノに向かって暴力をふるう振りをする瞬間を描いている。アレティーノは、殉教者聖フランチェスコのポーズで示されている。ティントレットは、アレティーノの自身の作品の批判に対する遊び心あふれる復讐としてのジェスチャーを示している。アングルは、自らに訪れる危機を恐れる瞬間のアレティーノを描き出している。

この作品は、1815年に描かれたオリジナルの第二バージョンである。アングルは、物語の表現を改善するため、自身の作品を頻繁に模写した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名ティントレットのアトリエにいるピエトロ・アレティーノ
  • 英語名Aretino in the Studio of Tintoretto
  • 分類絵画
  • 制作年1848年 - 1848年
  • 製作国不明
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ44.1cm
  • 横幅35.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ティントレットのアトリエにいるピエトロ・アレティーノの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。