作品概要

マダム・ジャック・ルイ・ルブラン》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1823年から1823年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《マダム・ジャック・ルイ・ルブラン》は、フランスの画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって1823年に制作された油彩画である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

制作の背景

ルブランとその妻の肖像画は、1823年、アングルがフィレンツェで夫婦と出会った直後に描かれたものである。ルブラン夫人は、トスカーナ大公でありナポレオンの妹であるエリザ・バッチョッキの女官であり、ルブラン氏は彼女の秘書であった。アングルは、彼を「非常に豊かで実に寛大で親切なフランス人である。その親切さや肖像画の依頼において私たちを圧倒する人物だ」と述べている。

これらの肖像画は、1854年にエドガー・ドガにより購入された。1896年、ドガはこれについて「収集家としての私の人生の事件」と述べた。1918年、メトロポリタン美術館は、ドガの遺品整理の際にこれらを購入した。

夫妻を描いた二つの肖像画

この肖像画には、様々なポーズで描かれた20以上の素描が存在する。ルブラン夫人の夫の肖像画については、同じような習作は存在しない。アングルが描いた唯一の肖像画である夫妻の2つの絵画は、光の落ち方がそれぞれ違うので、向かい合わせに飾ることを意図していた可能性がある。二つの肖像画は、手、金色の鎖、黒い服を強調する豊かな布の視覚的な調和によって統一されている。しかし本作は、1834年のサロンにて、ルブラン氏の肖像画なし単独で展示された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名マダム・ジャック・ルイ・ルブラン
  • 英語名Madame Jacques-Louis Leblanc
  • 分類絵画
  • 制作年1823年 - 1823年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ119.4cm
  • 横幅92.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • マダム・ジャック・ルイ・ルブランの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。