作品概要

》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1820年から1856年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《泉》は、フランスの新古典主義の画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって1856年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

画家円熟期の作品

この作品は1820年頃にフィレンツェで制作が開始され、パリで1856年に完成した。アングルが本作を完成させたとき彼は76歳であった。すでに名声を得ており、国立高等美術学校の校長でもあった。

裸の人物の姿勢は、《海から上がるヴィーナス》(1848年)のものと比較される。また、古代ギリシャの彫刻、クニドスのアプロディーテーの再像化でもある。アングルの弟子の2人、画家ポール・バルズとアレクサンドル・デゴッフは、本作の背景と水の甕を描くことを助けた。

描写

この作品は、岩の開口部に立ち、水の流れる甕を手に持つ裸の女性の姿を描いている。水源や泉は詩のインスピレーションや、古典文学では芸術の女神ミューズに捧げられるものとして表されている。彼女は2つの花の間に立ち、無秩序、再生、エクスタシーの神であるディオニュソスの植物であるアイビーに囲まれている。彼女が注ぎ出す水は鑑賞者から彼女を分け、象徴的に重要な境界線を示している。

モデルを務めたのは、アングルのアパートの管理人の年若い娘であった。本作は完成した年である1856年に最初に展示され、熱狂的に受け入れられた。美術史家のケネス・クラークは、彼の著書「女性の美」において、《泉》が「フランス絵画の中で最も美しい人物」と表現されてきたことについて書いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名
  • 英語名The Source
  • 分類絵画
  • 制作年1820年 - 1856年
  • 製作国イタリア、フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ163cm
  • 横幅80cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 泉の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。