作品概要

アブラハム・ヴァン・リーベックの娘、ゲランド・ヴァン・オーステンの妻、エリザベス・ヴァン・リーベックの肖像》は、画家のニコラス・ヴェルコリエによって制作された作品。制作年は1710年から1723年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

アブラハム・ヴァン・リーベックの娘、ゲランド・ヴァン・オーステン(1693-1723)の妻、エリザベス・ヴァン・リーベック(1693-1723)の肖像画。沖合に船がある港に位置する要塞らしきところの手すりにもたれている、上半身画。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ニコラス・ヴェルコリエ
  • 作品名アブラハム・ヴァン・リーベックの娘、ゲランド・ヴァン・オーステンの妻、エリザベス・ヴァン・リーベックの肖像
  • 英語名Portrait of Elisabeth van Riebeeck, Daughter of Abraham van Riebeeck, Wife of Gerard van Oosten
  • 分類絵画
  • 制作年1710年 - 1723年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ73.7cm
  • 横幅58.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アブラハム・ヴァン・リーベックの娘、ゲランド・ヴァン・オーステンの妻、エリザベス・ヴァン・リーベックの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。