作品概要

ローマの荒廃とレベッカとエリエゼールの対面の風景》は、画家のウィレム・ヴァン・ニエラントによって制作された作品。制作年は1600年から1620年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ローマの荒廃とレベッカとエリエゼールの対面の風景。多くの人々とともに、ヴェスパシアヌス寺院やサターン寺院、ミネルヴァ・ネルヴァ公会議場の寺院などにローマの荒廃が点在する、丘の見える風景。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィレム・ヴァン・ニエラント
  • 作品名ローマの荒廃とレベッカとエリエゼールの対面の風景
  • 英語名Landscape with Roman Ruins and the Meeting of Rebecca and Eliezer
  • 分類絵画
  • 制作年1600年 - 1620年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類不明
  • 高さ41.5cm
  • 横幅57cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ローマの荒廃とレベッカとエリエゼールの対面の風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。