作品概要

烙印を押された聖フランシス》は、画家のローレンツォ・モナコによって制作された作品。制作年は1420年から1420年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

アッシジの聖フランシスに対する烙印。岩だらけの風景の中、十字架家に架けられた翼のキリストの汚名を受けた聖人が跪いている。左上の岩の上には、教会あるいは修道院がある。統合されたリストつき。自己追放の貧困の生活を通して、聖フランシスは、中世ヨーロッパで最も崇められた聖人のうちの一人である。このパネルは、キリストと識別されているフランシスが磔刑の際にキリストが苦しんだ傷(烙印)を受けた瞬間を表している。このパネルはもともと三部作の左翼であり、中央は磔刑、右は聖フランシスの死である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ローレンツォ・モナコ
  • 作品名烙印を押された聖フランシス
  • 英語名Saint Francis Receiving the Stigmata
  • 分類絵画
  • 制作年1420年 - 1420年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類テンペラ、板
  • 高さ87cm
  • 横幅61.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 烙印を押された聖フランシスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。