作品概要

お告げを受ける聖母マリア》は、画家のロレンツォ・ディ・ニコロによって制作された作品。制作年は1392年から1412年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

お告げの欠片:聖母マリアの半身、左手で開かれた本、右手は胸に手、左に雲から現れる聖霊の鳩。お告げの場面は大部分のポリプチクで定期的に描かれていましたが、この小円盤は、間違いなく聖母マリアの概念を発表した大天使のガブリエルを示していた。そのような祭壇画が流行しなくなったとき、しばしば解体され、欠片は個人的な収集になった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ロレンツォ・ディ・ニコロ
  • 作品名お告げを受ける聖母マリア
  • 英語名Virgin Annunciate
  • 分類絵画
  • 制作年1392年 - 1412年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類テンペラ、板
  • 高さd 23.5cm
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • お告げを受ける聖母マリアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。