作品概要

スフィンクスの謎を解くオイディプス》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって制作された作品。制作年は1808年から1827年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

描写

自身の才能を証明しようとした若きアングルは、アカデミーにおいて最も地位の高いジャンルである歴史画に専念した。アングルは新古典主義らしくギリシア神話から主題を選んだが、その選択はダヴィッドの描いたストイックな英雄からは逸脱している。

ここでは、スフィンクスの謎に直面した悲劇の英雄、オイディプスが描かれている。彼が直面している恐ろしい脅威は、不吉な人骨で示唆されている。絵画はまだ古典的な男性のヌードを中心にしているが、物語はダヴィッドの描いた道徳的世界よりも複雑であり、ロマン主義の複雑な心理への一歩を示唆している。

オイディプスは正しい解答により死を免れてテーバイへの道を歩み続けることができたが、彼の悲劇的な運命は決定づけられたままである。

後に拡大された作品

ローマ賞受賞者の典型的な慣習として、アングルが最初のローマ留学の一環でパリ​​に絵を送った際、本作はほどほどの評価を受けた。批評家は輪郭が十分ではなく、暗く、人物の関係が十分には明瞭ではないと主張した。アングルは、1820年代半ばに再び本作にとりかかった際に三辺を拡大した。その結果、新古典主義の定番である男性ヌードを描く画家の能力を示す、非常に魅力的な作品となった。

悲劇的運命の示唆

オイディプスの冷静さと姿勢は、革命後のフランスに密接に関連した物語のテーマ、すなわち人間の知性の優勢と成功した文明における役割を予測するものである。それでもアングルは物語の暗い側面を敬遠することはしなかった。上向きの光(ローマにおいてグエルチーノの作品を研究した成果)によって作られた劇的な明暗は、画面に不気味な含意を加えている。それは、オイディプスの悲劇的運命、すなわち母親のイオカステとの結婚と最終的な死を予見している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名スフィンクスの謎を解くオイディプス
  • 英語名Oedipus and the Sphinx
  • 分類絵画
  • 制作年1808年 - 1827年
  • 製作国イタリア、フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ189cm
  • 横幅144cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • スフィンクスの謎を解くオイディプスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。