作品概要

洗礼者ヨハネとしての自画像》は、画家のカレル・ウィリンクによって制作された作品。制作年は1937年から1938年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ヨハン・カレル・ウィリンクの自画像。半身で立ち、右向き、上を見つめている。身に着けているのは腰に白い布だけ。半分切り取られた、聖なる古い葡萄がある崖に面しており、 背景には、遠く木々と雪に覆われた山々がある荒れた土地が見える。
ウィリンクの痩せた体とむき出しの風景は、異様な雰囲気を与えている。第二次世界大戦(1939-1945)の前夜、ウィンクは自分自身を美徳と正義を宣言し、すべての罪からの救いと説いた預言者洗礼者ヨハネとして描いた。この内面化された自画像によって、ウィンクは時代の脅威と混乱から逃れたいと表現しているようだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カレル・ウィリンク
  • 作品名洗礼者ヨハネとしての自画像
  • 英語名Self-portrait as St John the Baptist
  • 分類絵画
  • 制作年1937年 - 1938年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類不明
  • 高さ90cm
  • 横幅68cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 洗礼者ヨハネとしての自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。