作品概要

リジー・アンシンの肖像》は、画家のテレーズ・シュヴァルツによって制作された作品。制作年は1902年から1902年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

画家リジー(メアリ エリザベス ジョージア)・アンシン(1875-1959)の肖像。
上半身全体。頭に黒い帽子をかぶり、右ひじをつく、あるいは椅子の背にもたれて座っている。
リジー・アンシンとテレーズ・シュヴァルツエは、1900年頃に活躍した女性画家グループ、アムステルダム・ジョッファズに所属していた。シュヴァルツエはまさにスターであり、ファッショナブルな社交界の肖像画で大成功を収めていた。あまり知られていないが、彼女の姪であるリジー・アンシン肖像画は彼女の最高傑作のひとつだ。
明暗のコントラストは親密で、力強い筆さばきと鮮やかな緑色のドレスに置いた赤は強く輝いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家テレーズ・シュヴァルツ
  • 作品名リジー・アンシンの肖像
  • 英語名Portrait of Lizzy Ansingh
  • 分類絵画
  • 制作年1902年 - 1902年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ78cm
  • 横幅62cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • リジー・アンシンの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。