作品概要

アムステルダムのダムラク》は、画家のジョージ・ヘンドリック・ブライトナーによって制作された作品。制作年は1903年から1903年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

アムステルダム、ダムラクの東側の眺め。岸には様々な種類の船がとまっている。上方には、ウォーマーズ通りの家々や古い教会の塔がある。1889年以来、アムステルダム中央駅がダムラク(アムステル川からまっすぐのびている)とIJ(町に前からある湾)とのつながりを断ち切ってしまった。かつては開かれた水域だったダムラクは、内にこもった港町となってしまった。ここにブライトナーは、ウォーマーズ通りの家々と古い教会の塔を描いた。彼は、当時建設中のクープマンスブール(商品取引所)を含む写真を使ったが、彼の絵では、この建物は完全に除外されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョージ・ヘンドリック・ブライトナー
  • 作品名アムステルダムのダムラク
  • 英語名The Damrak, Amsterdam
  • 分類絵画
  • 制作年1903年 - 1903年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ100cm
  • 横幅150cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アムステルダムのダムラクの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。