作品概要

ウィレム・ルーズブーム(1843-1920)知事(1899-1904)》は、画家のヘンドリック・ヨハネス・ハバーマンによって制作された作品。制作年は1905年から1905年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

知事をしていた(1899-1904)ウィレム・ルーズブーム(1843-1920)の肖像画。膝から上の左向きの立ち姿で、顔は前を向いている。右腕は椅子に置かれ、右手には手袋を持ち、左手には帽子を持っている。歴代のオランダ領東インドの知事の肖像画シリーズの一つ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヘンドリック・ヨハネス・ハバーマン
  • 作品名ウィレム・ルーズブーム(1843-1920)知事(1899-1904)
  • 英語名Willem Rooseboom (1843-1920). Gouverneur-generaal (1899-1904)
  • 分類絵画
  • 制作年1905年 - 1905年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ152cm
  • 横幅107cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ウィレム・ルーズブーム(1843-1920)知事(1899-1904)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。