作品概要

ファン・ヴィッセリンの肖像》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1846年から1846年で、キンベル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

オランダの美術商の肖像画

クールベはフランスのスイス国境付近のオルナンで生まれた。1840年にパリに移り、哲学的、政治的意味合いを持った活発な写実主義絵画を展開した。クールベの作品は、すでに1846年のサロンでオランダの美術商ファン・ヴィッセリン(2枚の絵を購入し、おそらくこの肖像画を依頼した人物)によって認知されていた。ファン・ヴィッセリンはまた、レンブラントを学べるように、翌年にクールベにオランダを訪問するよう呼びかけた。

レンブラントの印象

レンブラントの芸術は、この肖像画ではっきりと分かるように、クールベに深い印象を残した。ここでは、深い影が肉体的な事実を隠し、同時にモデルと彼の世界の憂鬱さについての詩的な洞察を示唆している。レンブラントと他の17世紀のオランダの巨匠たちのクールベへの影響は、イタリアのルネサンスの理想的な芸術が模範となっていたフランスのアカデミーにおける最も強力な同時代人たちと彼を衝突させた。

クールベが与えた影響

クールベはアカデミーの原則を無視していたが、このようなレンブラント的な肖像画のような作品例は、19世紀半ばの劇的な芸術革命の舞台をすぐに築き上げた。友人であり詩人のシャルル・ボードレールと共に、クールベは暗い側面を含んだ現代生活に基づくポピュラー・アートを主張した。これらは、レンブラントがクールベに影響を及ぼしたように、日々の生活や場所といった散文の中に詩を見つけるという点において、後の印象派やポスト印象派の画家たちに影響を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名ファン・ヴィッセリンの肖像
  • 英語名Portrait of H. J. van Wisselingh
  • 分類絵画
  • 制作年1846年 - 1846年
  • 製作国フランス
  • 所蔵キンベル美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、板
  • 高さ57.2cm
  • 横幅46cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ファン・ヴィッセリンの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。