作品概要

狩りの朝食》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1858年から1858年で、ヴァルラフ・リヒャルツ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

19世紀の重要な画家

ギュスターヴ・クールベは、19世紀半ばの写実主義の出現の中心にいた。彼の芸術はフランスのアカデミーの古典的かつ劇的な様式を拒否し、見たものの物理的リアリティを強調した。たとえその現実が、平凡で欠点があるものだったとしてもだ。共和主義者でもあったクールベは、故郷の農民たちを擁護する手段として写実主義をとらえた。

彼はまた、パリ=コミューンに参加するなどフランスの政治に対して積極的に活動したことで知られている。クールベはヴァンドーム広場の柱の破壊事件における責任を問われ、スイスに亡命し、その地で没した。近年においては、クールベは歴史家たちにより、エドゥアール・マネやクロード・モネのような初期のモダニズム画家たちの登場における、重要な前触れであったともみなされている。

写実主義で描かれた日常の場面

1855年、ギュスターヴ・クールベは「写実主義のパビリオン」という自身の絵画だけの個展をパリ万国博覧会にて開いた。このタイトルはクールベの芸術的な信念だけでなく、新しい技法の名前となった。クールベにとって写実主義とは、経験的に表現されただけのものであり、元の主題の形と色だけで描写したものであった。このアプローチは、当時の美術哲学、アカデミー、そして大多数のアーティストの見解と矛盾するものであった。

1858年に描かれたこの大きな絵画《狩りの朝食》は、クールベのこうしたアプローチの印象的な例である。朝食という日常の場面が、落ち着いた色で正確に表現されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名狩りの朝食
  • 英語名The Hunt Breakfast
  • 分類絵画
  • 制作年1858年 - 1858年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ヴァルラフ・リヒャルツ美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ207cm
  • 横幅325cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 狩りの朝食の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。