作品概要

ムティエの岩》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1855?年から1855?年で、フィリップス・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

写実主義の画家

モダニズムの発展における最も重要な画家の1人であるギュスターヴ・クールベは、反理想主義的アプローチにより、芸術を反宗教的および政治的信念と結びつけた。批評家は、型にはまらない初期の作品、すなわち農民や労働者の悲惨な姿を描いた作品を、醜悪で不快であるとみなした。

パリ万国博覧会にて、作品を展示できなかったことにより開いた個展「リアリズムのパビリオン」を開催した1855年以降、彼は公式に認められた風景画や狩りの場面を描いた作品に集中した。1870年、クールベはレジオン・ドヌール勲章を拒否した。翌年パリ・コミューンに関与したことにより、6ヶ月の禁固刑となった。

画家にとって重要な場所

クールベの世界への独立したアプローチは、従来のアカデミーの主題の格付けとは対応しなかった。風景、特に彼が育ったフランス東部のフランシュ=コンテ地方は、彼にとって非常に神聖な重要性を持っていた。

《ムティエの岩》は、クールベの出生の地であるオルナン近くの場所を描いている。クールベの作品の多くに示されているこの風景にある岩は、ムティエ=オート=ピエールの「オートピエールの岩」であると特定されている。

クールベにとってのその意義は、1854年から1855年にかけて制作された彼の最も有名な作品《画家のアトリエ》(オルセー美術館蔵)で描かれたイーゼルの絵画の主題であるという事実によって示唆される。

描写

クールベは精巧な科学的観察と華麗な演出を組み合わせている。クールベはパレットナイフを使用することにより、岩の大部分の顔料を取り除いたようである。

ダンカン・フィリップスはコレクターとしてのキャリアの初期に本作を購入している。彼はクールベの本質的なビジョンの活力と独立性を認めていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名ムティエの岩
  • 英語名Rocks at Mouthier
  • 分類絵画
  • 制作年1855?年 - 1855?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵フィリップス・コレクション (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ75cm
  • 横幅116cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ムティエの岩の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。