作品概要

スイス、ヴヴェイの日没》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1874年から1874年で、シンシナティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《スイス、ヴヴェイの日没》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベによって1874年に制作された油彩画である。シンシナティ美術館に所蔵されている。

写実主義の重要な画家

ギュスターヴ・クールベは、19世紀半ばの写実主義の出現の中心にいた。彼の芸術はフランスのアカデミーの古典的かつ劇的な様式を拒否し、見たものの物理的リアリティを強調した。共和主義者でもあったクールベは、故郷の農民たちを擁護する手段として写実主義をとらえた。

亡命先のスイスで描かれた作品

写実主義の支持者であるギュスターヴ・クールベは、フランスの労働者を描いた記念碑的な作品で最もよく知られている。 しかし、彼はまた、静かな風景画も描いた。

1871年、パリ・コミューンの間、反乱軍はヴァンドーム広場の柱を破壊した。蜂起の指導的人物であったクールベはこの責任を負い、6ヶ月間の禁固処分を受けた。新政府による再審理で、彼は柱の建築費用支払いを命じられた。1873年7月、さらなる投獄を恐れたクールベはスイスに亡命し、ヴヴェイ郊外に定住した。

制作の背景

これより数ヵ月前の1873年2月、クールベの過激な政治信念を崇拝するシンシナティ判事のジョージ・ホードリーが、モンキュア・D・コンウェイ(画家の友人)に絵の依頼のための手紙を送っている。1874年、コンウェイはクールベのスタジオを訪れ、ホードリーのためにこの湖の夕日の眺めを描いた作品を選んだ。コンウェイは、クールベがこの時期に描いた作品について「強烈だが、暗い色調である」と評している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名スイス、ヴヴェイの日没
  • 英語名Sunset, Vevey, Switzerland
  • 分類絵画
  • 制作年1874年 - 1874年
  • 製作国スイス
  • 所蔵シンシナティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ65.4cm
  • 横幅81.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • スイス、ヴヴェイの日没の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。