作品概要

馬に乗った狩人》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1864?年から1864?年で、イェール大学美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

一体化した馬と男

雪の山岳地帯に、男と馬で形作られた三角形が中央に配置されている。色調は暗く、男の下半身はキャンバスに沈んでおり、男性と馬の境界はあいまいなものとなっている。しかし、この偶然の効果がなくても、馬と男は実質的に1つの生き物として見なされる。これは貴族のスポーツとして行われた狩りの装飾的な性質からは程遠い、柔らかな帽子と古い服を着た田舎の狩人である。

自画像としての解釈

馬に乗った男の姿は、一般的には画家の自画像として受け入れられている。これは、《石切り場》(1857年)の中央にいる瞑想をする人物に似ている。馬の脇の下に愛情を込めて置かれた手と身体のひねり、そして憂鬱なまなざしを見せる頭の角度は、批評家によって作られたステレオタイプに反する画家の精神の様相を示すイメージを作り出している。

彼の初期の自画像では、音楽家やパニックの人格化など、さまざまな役割を果たした若い自己を描き出している。円熟期には、自己イメージは一つではなくなり、複雑な意味を具現化する「真のアレゴリー」としての彼自身の姿を描いたものとなっている。《出会い》や《画家のアトリエ》のように彼が画家として描かれるとき、そのイメージは、彼が制作する芸術の重要性に対する力と自信のあらわれとなっている。

狩人に重ねた自己イメージ

狩りを描いた作品には、動物を狩り殺す行為の中に、暗黙のうちに高潔さと暴力との間の緊張から生まれたアンビバレンツを導入している。絵画に登場するクールベは、彼が世界に直接見せなかった内省、不確実性、自己疑問体験の姿として描かれている。狩人のイメージそのものが、こうした暗く悩ましい感情を理解する手段を提供したものであると考えてよいだろう。

本作では、白い部分に赤い絵の具が塗られており、その血の跡が行く道を示している。画家=狩人は、自然の致死性を受け入れると同時に、悼んでいるのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名馬に乗った狩人
  • 英語名Hunter on Horseback
  • 分類絵画
  • 制作年1864?年 - 1864?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵イェール大学美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ119.4cm
  • 横幅95.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 馬に乗った狩人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。